立川市・昭島市・福生市の三市連携創業セミナーに登壇します

立川市・昭島市・福生市の三市連携で開催される創業セミナーに、弊社代表の北池が登壇します。自分のしごとをつくる夢を叶えたい方、ぜひご参加ください。
今年度、全13回のうち最初の5回のテーマは「地域で起業」です。そのうち、初回の「経営」について北池がお話します。


日時 5月27日(日) 14時00分~17時00分
内容 【特定創業支援事業・経営】経営者・はじめの一歩
講師 北池 智一郎(タウンキッチン代表)
費用 1,250円
会場 昭島市松原町コミュニティセンター学習室


▼お申し込み・詳細は立川市ホームページから
https://www.city.tachikawa.lg.jp/sangyoshinko/sangyo/shokogyo/sogyoshien/taf-seminor.html


なお、北池は以下でも登壇予定です。
・第7回 11月17日(土)「コミュニティ・ビジネス」
・第12回 9月30日(日)「飲食店で起業」

メディア掲載情報[HIBARIDO]


オープンから一ヶ月半がたったHIBARIDO、ぞくぞくと各種メディアにて
取り上げられています!
「しごと、小商いができるシェアデパートメントって実際どんな場所なの?」
皆さんが気になるところがよく分かると思います。ぜひご覧ください!

読売新聞 武蔵野版
「西東京市 女性の創業支援 子育て世帯も利用しやすく」(4/28朝刊 27頁) 

ぱど5/11号(西東京・小平エリア版)
「NEW OPEN」

ひばりタイムズ
「創業サポート施設第2号「HIBARIDO」ひばりが丘団地にオープン」

イマdeタマ
「ひばりが丘に創業支援施設 2階吹き抜けの「HIBARIDO」で創業支援スタート」

シェアデパートメント「HIBARIDO」(ひばりどう)を開設します

報道関係各位

シェアデパートメント「HIBARIDO」ひばりが丘に開設
「団地の真ん中で、しごとをつくる。」

 西東京市・ひばりが丘の団地内に、シェアデパートメント「HIBARIDO(ひばりどう)」を開設します。
パン・スイーツ・カフェなどの営業ができるシェアキッチン8K(ハチケー)、1坪のスペースでオリジナル店舗を持つことができるICHI-BA(イチバ)、仕事場や書斎として利用できるWORK SPACEからなるシェア施設です。
 シェアデパートメントのコンセプトのもと、多様な業種が集まる拠点として、創業者がハードル少なく事業を始められる利用システム・設備を備え、専門スタッフによる事業相談等のサポート体制を整えています。
 また、ひばりが丘団地は、全国の団地のモデル的存在として整備され、同潤会を発端にした日本住宅公団(現・UR)にもモデルとされた歴史を持ちます。昨今の団地における高齢化や建物の老朽化等の変化を念頭に、主婦をはじめ団地の住民が自分たちで営みを作っていくという、新しい暮らし方の実現を目的としています。
 なお、本施設は西東京市の創業サポート施設開設支援事業の一環として開設します。

 
1       名称                   HIBARIDO(ひばりどう)
2       開業日                2018年3月30日
3       所在地                東京都西東京市ひばりが丘三丁目2番51号
4       面積                   建築面積178.55㎡、延床面積 211.72㎡
5       区画                   8K/ICHI-BA/WORK SPACE(個室・フリー席)
6       利用時間             6:00〜23:00(年中無休)
7       その他                飲食店営業・菓子製造業の許可を取得可能/法人登記可能
 

<問い合わせ>
株式会社タウンキッチン 担当:國廣  TEL/0422-30-5800 MAIL/info@town-kitchen.com

>PDFダウンロードはこちら
>HIBARIDO PROJECTページはこちら