8K

8K
8K

8K(ハチケー)は、8人の会員で使うシェアキッチンです。衛生検査や消防検査をクリアし、飲食店営業・菓子製造業の営業許可を取得した業務用設備を整えています。オリジナルのメニューや屋号を設定することができ、出来上がった商品を店頭のカウンターで販売するなど、飲食ビジネスをはじめることができます。

経緯

多くの主婦は結婚、出産を経てキャリアを断絶しており、家庭を優先させながらも自分の特技を活かした「はたらき方」を模索しています。そのような主婦にとって、「食」は最も身近なテーマでありながら、それを商いにつなげるためには、保健所の認可を受けたキッチンがハードルとなっています。
2010年に開設した学園坂タウンキッチンでは、2014年よりシェアキッチンとして運用を開始し、主婦等に対して食の小商いを応援してきました。利用者のさらなるニーズを感じてきた中で、「むさしの創業サポート施設開設支援事業(武蔵野市)」の選定を受け、女性をターゲットとした創業支援施設として、2つ目のシェアキッチン8Kを設置しました。

目的・成果

「食」は女性の関心が非常に高いテーマであり、既存の創業支援施設でカバーしきれなかった創業ニーズを満たすことができています。実際、結婚や出産を経た主婦の新しい働き方としてのモデルとして、女性の起業家の発掘・育成に寄与しています。
さらに、主婦による口コミ力やネットワーク力が、商店会等の既存組織に新しい活力を提供することにつながり、イベント出店など多様な形でのマッチングの創出や、地域経済への好影響を与えています。
開設にあたっては、キッチンレイアウト設計などのハード面から、利用者募集、創業支援や契約関係の書類作成などのソフト面、広報や利用者同士の関係作りなどのコミュニケーション面などを総合的にプロデュースすることにより、空きキャパシティの有効な利用施策として地域の課題解決を図っています。

パートナー

武蔵野市(むさしの創業サポート施設開設支援事業)

地域活性、空き物件の活用、創業支援など、お気軽にご相談ください

CONTACT