HERE

HERE
HERE

“HERE”は、都会でも田舎でもない「ちょうどいい郊外」において、地域の素材を活かしながら、次世代につづくアイデアを育て、事業を創出するためのプラットフォームです。

経緯

従来の行政や企業が中心となったまちづくりは、広く公益的な役割を担う一方で、ニッチなニーズや小さな課題に向き合う難しさがあり、新しい担い手として市民起業家の役割が大きくなってきています。そのような中、国や自治体が中心となり創業支援が行われており、コミュニティビジネスを中心に一定の効果を上げています。しかし、未だ十分とは言えない状況です。

HEREでは、創業に無関心だった地域住民をまちづくりの担い手とするべく、株式会社タウンキッチン、株式会社JR中央ラインモール、多摩信用金庫の3社が連携し、創業者のライフサイクルに合わせたワンストップでの創業支援を展開します。

目的・成果

HEREは、宅地として形成された郊外において、住むだけでない新しい郊外像の実現を目指します。単一企業では実現し得ない地域を包括した創業支援を、地域資源を活かしながら行うことによって、市民起業家によるスモールビジネスを通じたまちづくりを実現します。

特徴

①地域住民の関心が高いテーマ設定
食や空き家、介護など地域の課題に特化したトークイベントやスクールを開催するなど、従来の「起業」「創業」といった言葉に関心の薄かった層の掘り起こしと育成を行います。

②創業者だけでなくサポーター層を含めたチーム化
創業者が一人で事業創造から実践までを担うのではなく、自身の職能や興味関心を活かしてサポーターして関わる層も含めチーム化することで、創業者一人の想いやスキルだけに依存しない創業のあり方を目指します。

③テストマーケティングなどの実践に軸を置いたプログラム
事業計画の策定までで支援を終えるのではなく、テストマーケティングやパイロット事業の実施など実践に軸を置いたプログラム提供により、創業の確度を上げることを目指します。また、商品・サービスの展示販売の際に、空き家・空き地の試験的運用を行います。

パートナー

株式会社JR中央ラインモール
多摩信用金庫

地域活性、空き物件の活用、創業支援など、お気軽にご相談ください

CONTACT