じゅん散歩で紹介されました[コウカシタ・ヒガコインキュベーション]

テレビ朝日の「じゅん散歩」の東小金井特集にて、タウンキッチンが運営するコウカシタ・ヒガコインキュベーション(創業支援施設KO-TO・PO-TO・MA-TOの集合体)が紹介されました。

JR中央線の東小金井駅の高架下には、3つの創業支援施設が並んでおり、タウンキッチンは小金井市の公共施設であるKO-TOを指定管理者として運営し、PO-TO・MA-TOでは企画運営を行っています。

この創業支援施設は低資本ですぐに開業しやすく、起業や小商いをスタートする方が140名以上も集まっています。番組では、PO-TO・MA-TOで店舗や飲食店を開業している利用者が多数紹介されました。

>番組ホームページはこちら
>KO-TOホームページ
>PO-TOホームページ
>MA-TOホームページ

オンライン不動産セミナー・物件ツアーに登壇します(2/27、3/3)

タウンキッチンのスタッフが、以下のオンライン不動産セミナーに登壇します。


■【満員御礼】小平市・たましん主催
「はじめての店舗物件の見方・探し方セミナー&ツアー」
宅建士の資格を持つ当社のマネージャーが、物件探しのポイントなどについて解説します。ツアーではオンラインで小平周辺の店舗物件をご紹介しますので、小平近隣でお店を開きたい方におすすめです。

日時:2月27日(土)13:00〜15:00
形式:Zoomによるオンライン配信
参加費:無料
定員:20名(先着順)※定員に達したため、受付は終了いたしました。
申込方法:事前エントリー制になります。以下の専用フォームからお申し込みください。
https://www.web-tamashin.jp/entry/mail.cgi?id=20210204-kodaira

詳細は以下のWebサイトから
https://www.web-tamashin.jp/startup-tama/index.php?
controller=FrontTopic&action=detail&id=479&detail=1

■Startup Hub Tokyo TAMA主催オンラインセミナー
「不動産のプロによる、失敗しない店舗・オフィス探しの秘訣」
多くの創業支援の実績を持つ当社の代表である北池が、リスクを回避しながらビジネスを成功に導く店舗・オフィス探しのノウハウを伝授します。店舗ビジネスで起業をお考えの方や起業時のオフィスを探されている方におすすめです。

日時:3月3日(水)14:00〜15:30(13:45開場)
形式:Zoomによるオンライン配信
参加費:無料
申込方法: 事前エントリー制になります。以下のWebサイトからお申し込みいただけます。

詳細・お申し込みは以下のWebサイトから
https://startup-station.jp/eventseminar/TAA0103?event_id=E000100771

行政・企業・団体様向け視察プログラムのご案内

JR中央線東小金井駅〜武蔵境駅の高架下に、KO-TO、PO-TO、MA-TOという3つのシェア施設を設置し、100社以上の起業家が集まる創業施設群「コウカシタ・ヒガコインキュベーション」として、注目を集める地域となりつつあります。おかげさまで、視察に関するお問い合わせを多くいただいており、行政・企業・団体様向けの視察プログラムをご用意いたしました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※施設利用を検討される創業者の方向けの内覧は、随時お申込みを承っております。

1. 視察プログラム(90分)
① 施設紹介
内容)KO-TO,PO-TO,MA-TOのご見学、概要説明
時間)30分
② レクチャー・質疑応答
内容)設置目的・経緯、行政との連携、募集方法、創業支援、利用者属性など
時間)約60分

2. 料金
一律 30,000円(税別)
※参加人数が8名を超える場合は、1名様につき3,500円(税別)

3. 対象
シェアオフィス、シェアキッチンに関心のある行政・企業・大学・団体・個人等

4. お申込方法(事前申込制)
以下のお問い合わせフォームよりお申込ください。
お申込後、日程の調整などをさせていただきます。
https://town-kitchen.com/contact/

5. 備考
・お支払いは事前振込にてお願いします。
・開催前日・当日のキャンセルはご遠慮ください。
・シェアオフィス、シェアキッチンの企画コンサルティングや運営委託については別途ご相談ください。

「郊外の創業とまちづくりを考える会議」無料オンライントークイベント3/23開催

東京・多摩エリアをフィールドにするJR中央ラインモール、多摩信用金庫、タウンキッチンの3社が連携し、新しい事業の創出を後押しするプラットフォーム「HERE」。その取り組みの一環として、オンライントークイベント「郊外の創業とまちづくりを考える会議」を2021年3月23日(火)に開催します。


JR中央ラインモール、たましん、タウンキッチンがパネルトークを実施


コロナの影響を受けて、サテライトオフィスのニーズが拡大し、都心から離れた場所に移住する方も増えるなど、“郊外”に注目が集まっています。暮らし方や働き方が大きく変わりつつある今、郊外のまちづくりのあり方が改めて問われています。

今回のイベントでは、ファシリテーターに(株)エンパブリック代表 広石拓司氏を迎え、HEREを運営するJR中央ラインモール、多摩信用金庫、タウンキッチンの3社と、HEREをきっかけに郊外の拠点で事業をはじめた創業者のパネルトークを行います。

東京郊外のまちづくりを支える3社がそれぞれどんな価値観を持ち、どんな役割を担っているのか。スモールビジネスの発掘や育成を地域としてどう捉え、どう支えていくのか。地域住民が主体となった郊外のまちづくりのリアルを感じて頂ければと思います。

創業支援やまちづくり、地域の担い手育成にご関心のある企業の皆様や行政機関や教育機関・中間支援組織の皆様、企業連携にご興味をもつ創業者の方など、ぜひご参加ください。

イベント概要
日時:2021年3月23日(火)14:00~16:00
参加費:無料
登壇者:JR中央ラインモール 代表取締役 石井圭
    多摩信用金庫 価値創造事業部部長 川口幸子
    タウンキッチン 代表取締役 北池智一郎
    Atelier Michaux 代表理事 鞍田愛希子
    エンパブリック 代表取締役 広石拓司(ファシリテーター)
形式:Zoomによるオンライン配信
申込締切:2021年3月23日(火)13:00まで
申込方法:事前エントリー制です。下記Webサイトからお申し込み頂けます。

登壇企業・登壇者詳細
■株式会社JR中央ラインモール
JR中央線の沿線価値向上を目指し、三鷹~立川間において「緑×人×街つながる」をコンセプトとした「中央ラインモールプロジェクト」を推進。

■多摩信用金庫
地域密着型の金融機関として、地方公共団体や大学・支援機関・団体との連携のもと、セミナーや施設運営で多摩地域での創業を増やすまちづくりを行う。

■株式会社タウンキッチン
シェアオフィス・キッチンなどの創業支援施設やウェブメディアの企画運営、不動産事業を通し、多摩地域において創業支援を通じた地域活性に取り組む。

■株式会社エンパブリック 代表取締役 広石拓司
2008年、株式会社エンパブリックを設立。著書「共に考える講座のつくり方」、書籍「好きなまちで仕事を創る」編集長、日経Bizアカデミー「ソーシャルビジネスが拓く新しい市場と働き方」など多数。

■Atelier Michaux 代表理事 鞍田愛希子
「まちのインキュベーションゼミ#2 これからの、家と庭」への参加を経て、2020年9月に「一般社団法人Atelier Michaux」として法人化。家や庭、植物を介して人と人がケアし合える関係づくりをめざす。

詳細・お申込み
https://here-kougai.com

【主催】
郊外まちづくりインキュベーション(タウンキッチン、JR中央ラインモール、多摩信用金庫)

【お問い合わせ】
株式会社タウンキッチン 担当:平田
0422-30-5800
info@town-kitchen.com

>ニュースレターPDFのダウンロードはこちら

緊急事態宣言発令に伴う事務局スタッフ在宅勤務実施のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、1月8日(金)以降、事務局スタッフは在宅勤務などの対応を取らせていただきます。期間中のお問い合わせは、ホームページ>CONTACTフォーム もしくは メール(info@town-kitchen.com)にてお願いいたします。施設内覧についてはオンラインにて対応させていただきます。

なお、期間中も弊社が運営する全ての施設はオープンしております。施設利用者の営業状況等につきましては、各ホームページ等をご確認ください。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

阪急京都線高架下のSHARE DEPARTMENTが募集開始 オープンに先立ち、1月9、10日に見学会を開催します

阪急京都線高架下に2021年2月1日オープン予定の郊外型ワークプレイスSHARE DEPARTMENT(シェアデパートメント)が、本日より利用者の募集を開始します。オープンに先立ち、施設利用の検討者を対象とした見学会を2021年1月9、10日に開催します。


初期費用を抑えて小さなお店や事務所を開設できる
創業者や小商いをはじめる人が利用できるシェア施設です。Wi-Fiやエアコンなどの共用設備が整っており、店舗や事務所を開業する際にかかる初期費用を、大きく抑えることが可能です。

郊外に位置するシェアオフィスとして、職住近接の暮らしをサポート
テレワーク需要が高まる中、住まいの近くに仕事場を構えることができ、子育て世帯などを中心にした近隣住民の利用を見込んでいます。自然と利便性の調和がとれた環境下で、職住近接の暮らしをサポートします。

目的に応じて、3つの区画から選んで使える
3つの区画からなり、働き方や用途に合わせて選択できます。道路に面した個室で物販店舗やサロン、事務所などに利用できる「ルーム」、仕切られた区画をオフィスや書斎として利用できる「ブース」、フリーアドレスの大きなデスクで事務作業などに利用できる「デスク」があります。

[区画情報]
R:ルーム/B:ブース/D:デスク

ルーム 専用利用、約6㎡、税抜44,000円
ブース 専用利用、約3㎡、税抜24,000円
デスク 共用利用、税抜8,000円

見学会情報
以下の日時で見学会を開催します。当日現地に直接お越しください。(事前申込不要)
日時   1月9日(土)12:00〜/14:00〜/16:00〜/19:00〜
     1月10日(日)10:00〜/12:00〜/14:00〜
場所   SHARE DEPARTMENT 共用棟入口付近

施設情報
名称   SHARE DEPARTMENT
住所   京都府京都市西京区川島莚田町9-3 TauT 阪急洛西口
オープン 2021年2月1日
アクセス 阪急京都線 洛西口駅から徒歩11分
     阪急京都線・嵐山線 桂駅から徒歩10分
     JR京都線 桂川駅から徒歩19分

>募集要項
share-department.com よりダウンロードください

ニュースレターPDFのダウンロードはこちら
SHARE DEPARTMENT PROJECTページはこちら
プレスリリース(2020.10.27)
「郊外型ワークプレイスの全国展開を開始 阪急京都線の高架下にSHARE DEPARTMENTオープン」

123...19NEXT