CAFERESに掲載されました[MA-TO]

プロフェッショナルのカフェ専門誌として、カフェオーナー、コーヒー技術者、カフェ開業希望者向けに実用情報を発信する雑誌「CAFERES(カフェレス)」2020年1月号にて、MA-TOが紹介されました。

2020年のカフェ&コーヒーのトレンドをピックアップする特集で、18あるTREND KEY WORDの1つ、シェアキッチンとしてMA-TO 8Kと、メンバーであるsofarさんが掲載されています。


雑誌詳細・購入はこちら

MA-TOホームページ

第17回 多摩ブルー・グリーン賞を受賞しました

多摩地域の中小企業の活性化と地域経済の振興に寄与することを目的に、多摩信用金庫が主催する「第17回 多摩ブルー・グリーン賞」において、新しいビジネスモデルを評価する「経営部門(多摩グリーン賞)」の優秀賞を受賞しました。

■受賞タイトル
シェアオフィス等の企画運営による創業支援を通じたまちづくり事業

■応募件数
総数 135件(多摩ブルー賞 61件/多摩グリーン賞 74件)


大きな栄誉をいただきましたことに心から感謝しながら、引き続き、多摩地域でのまちづくり事業に邁進してまいります。




多摩ブルー・グリーン賞についてはこちら

空き物件を巡る旅 ムサコ東編を開催します[不動産事業]



まちを歩きながら空き家や空き物件を巡るツアーを開催します。

JR中央線の武蔵小金井駅の東側。蛇の目ミシン工場があったその場所に、新庁舎が移転する予定で、人の流れが大きく変わろうとしています。
予定地周辺には吉祥寺で人気のソーセージ屋さんがあったり、建築家によるオシャレ学生寮ができたり。
南北には、蛇の目通り、農工大通り、けやき通りなど、歩くのが楽しい商店街が複数あり、八百屋、洋菓子屋、居酒屋、パン屋などが並びます。また、駅前スグの環境でありながら、広大な農園も広がるこのエリア。
第5回空き物件を巡る旅は、新庁舎建設予定で大注目となっているムサコ東が舞台です。

対象
・事務所や店舗の物件を探している方
・将来、お店を持ちたいと思っている方
・空き家を使ったアイデアを持っている方
・住みながら働ける場所を探している方

■日時 2020年1月17日(金)13:00~15:00
■集合場所 JR中央線 武蔵小金井駅 中央改札南口
■内容 歩きながら、店舗、事務所、戸建住宅など、複数の物件を内見します。
■参加費 無料
■定員 12名(申込先着順、お子様連れ歓迎)

詳細・申込みはこちら

URBAN LIFE METRO・Yahooニュースに掲載されました[PO-TOなど]

東京で“つながる”を見つけるメディア「URBAN LIFE METRO」に、PO-TOをはじめ、KO-TO、MA-TOの3施設が掲載されました。

中央線「ラインモール構想」現地レポート ベンチャー魂とローカル人情の融合を見よ
掲載記事(URBAN LIFE METRO)はこちら
Yahoo!ニュースはこちら


PO-TOホームページ
KO-TOホームページ
MA-TOホームページ

空き物件を巡る旅 小金井公園編を開催します[不動産事業]


まちを歩きながら空き家や空き物件を巡るツアーを開催します。

小金井市、西東京市、武蔵野市、小平市にまたがる小金井公園。
都立公園の一つとして、花見シーズンはもちろん、平日でもソリゲレンデ、テニスコートやバスケコート、BBQ広場などを楽しむ人で賑わっています。園内には江戸東京たてもの園があり、あの人気ジブリ映画のモデルになったと言われる銭湯も。
公園の南は玉川上水と並行する五日市街道が走り、大動脈中央線の東小金井と武蔵小金井が最寄り駅。北側は西武新宿線の花小金井駅にもアクセスのいい立地。世界有数のゴルフコースである小金井カントリー倶楽部にも隣接しています。
第4回空き物件を巡る旅は、そんな都民の憩い大空間である小金井公園近辺の空き物件を見て回ります。

対象
・事務所や店舗の物件を探している方
・将来、お店を持ちたいと思っている方
・空き家を使ったアイデアを持っている方
・住みながら働ける場所を探している方

■日時 12月7日(土)11:00~13:00 ※雨天中止・小雨決行
■集合場所 小金井公園 正面口
■内容 自転車に乗りながら、店舗、事務所、戸建住宅など、複数の物件を内見します。
※自転車での参加をお願いいたします。自転車をお持ちでない方は、東小金井駅・武蔵小金井駅にある「Suicle(スイクル)」のご利用をご検討ください。
■参加費 無料
■定員 12名(申込先着順、お子様連れ歓迎)

詳細・申込みはこちら

「食べる」と「まち」のいい関係 ゼミ&公開講座 参加者募集開始


「食べる」と「まち」のいい関係
 ゼミ&公開講座 参加者募集開始

「食べる」という、私たちに欠かせない営み。
農家さんが作物を作り、生産地から消費地に運ばれ、調理加工され、そして誰かと一緒に食べる。当たり前だと思われていた連鎖ですが、食材の大量廃棄、プラゴミによる海洋汚染、添加物等による心身への影響、子どもの孤食などのニュースが後を絶ちません。
まちのインキュベーションゼミ#1は、「食べる」という営みを「まち」との関係の中で見つ直し、その関係性のアップデートにチャレンジするメンバーを募集します。持続可能な暮らしを目指して、事業を一緒につくりましょう!
 
 
■まちのインキュベーションゼミ#1
郊外に暮らす人が、自分ごと・自分たちごとで暮らしを豊かにする事業の創出を目指すゼミ。テーマごとにメンバーが集い、小さな経済圏を育てていくための最初の一歩を踏み出す実践プログラムです。
「食べる」をテーマに事業アイデアを持つ人、リソースを持つ人、アイデアや熱意はあるけれど一歩目を踏み出せずにいる人、地域を盛り上げるアイデアを応援したい人など、多様な方のご参加をお待ちしております。

期間:12月15日(日)~3月15日(日)
場所:武蔵野プレイス、東小金井事業創造センターKO-TOほか
定員:20名
参加費:無料
※懇親会や実践における実費分をご負担いただきます
申込:webによる事前エントリー ※応募者多数の場合選考あり
https://here-kougai.com
締切:12月8日(日) 
 
■公開講座
ゼミの初日にはどなたでも参加いただける公開講座を開催します。 クラフトビールCOEDOのファウンダーである朝霧氏の基調講演や、先駆者によるパネルトークを通じて、実践者がどのような問題意識を持ち、どのような取り組みをしているのか、今気になっていること、着目していることは何なのかを探ります。

日時:12月15日(日)10:00~12:30
場所:武蔵野プレイス 4F フォーラムA
定員:50名(先着順)
参加費:1,000円
申込:webによる事前エントリー
https://here-kougai.com

基調講演:
朝霧重治(コエドブルワリー代表)
パネルトーク:
米山広明(全国フードバンク推進協議会事務局長)
江頭みのぶ(PARITALY店主)
モデレーター:
北池智一郎(株式会社タウンキッチン代表)
 
 
詳細・お申込はこちらから
https://here-kougai.com