つくり手たちの市場「MA-TO」利用者募集を開始

報道者各位

つくり手たちの市場「MA-TO」利用者募集を開始 
シェアキッチンや工房など、低投資での開業を後押し

JR中央線武蔵境駅〜東小金井駅間の高架下に開設するシェア施設 MA-TO(マート) は、本日より利用者募集を開始します。同エリアには、創業相談窓口がある小金井市の 公共施設である東小金井事業創造センター(KO-TO)、店舗併設可能のシェアオフィス PO-TO があり、本施設はこれら既存施設に隣接し、新しく“食”と“つくる”の機能が備わった施設です。

レーザー加工機や 3D プリンターなどの工作機械を利用できるシェア工房や、業務用 厨房を 16 名で利用するシェアキッチンがあります。また、水道・ガスなど飲食店開業に必要な設備を施した専有区画があり、食分野での開業を段階的にサポートできるのが特徴です。屋外には、キッチンカーやワゴン販売ができる区画があり、空きキャパシティ利活用のモデル構築を目指します。

現地には創業相談に応じられるスタッフがおり、近隣のフリーランスや主婦などが手 軽に開業するためにハードとソフトの両面からサポートします。本施設は東京都「多摩ものづくり型創業支援施設整備補助事業」として、株式会社JR中央ラインモールとの協働で開設し、既存施設と合わせて100名以上の創業者が集まる創業施設郡の形成を目指します。


①名称: MA-TO(マート)
②敷地面積: 約670m²
③延床面積: 約170m²
④開業日: 2019年3月25日
⑤所在地: 東京都小金井市梶野町 1 丁目 2−36
⑥区画: RESTAURANT・SHOP・KITCHEN・FACTORY・CLASS・GARAGE

▼第1期募集締切
3月20日(水)  17時必着

▼内覧会開催日時
3月  7日(木) 12:00
3月15日(金) 14:00
3月15日(金) 19:00
3月18日(月) 10:00
※事前申込不要・現地集合

▼募集要項
www.koukashita.jp よりダウンロードください


プレスリリース PDFはこちら

書籍 地域発!つながる・集める施設のデザインに掲載されました[HIBARIDO]

HIBARIDOが、「地域発!つながる・集める施設のデザイン」という書籍に掲載されました。

この書籍は、住民の声をもとにしてつくられた公共施設をはじめ、空き家・空き店舗を改装した交流施設やシェアオフィスなどからデザイン性の高い施設がまとめられています。地域発展の取り組みや、現代的な建築デザインが総括されたものとなっており、その中でHIBARIDOは「地域と人がつながる」というカテゴリで紹介されています。ぜひお手にとってみてください。

「地域発!つながる・集める施設のデザイン」(発行元:PIE International )
詳細はこちら

日本テレビ ぶらり途中下車の旅で紹介されました[HIBARIDO]

2月2日(土)日本テレビの旅番組、ぶらり途中下車の旅にてHIBARIDOが紹介されました。

西武秩父線、池袋線の回にて、ひばりが丘駅圏内にあるHIBARIDOに立ち寄っていただきました。その中でも、一坪のスペースで物販などができるICHI-BAにて営業されている東京ぴくるすさんが取り上げられました!

2019年2月2日(土) 放送
日本テレビ ぶらり途中下車の旅
番組詳細はこちら

シェアオフィスを核とした複合施設「ネスティングパーク黒川」5月開業

小田急電鉄株式会社と小田急不動産株式会社は、川崎市北部に位置する小田急多摩線 黒川駅前に、郊外の新しいライフスタイルを提案する「ネスティングパーク黒川」を開業します。同施設は、シェアオフィス「キャビン」を核とし、個室タイプ・半個室タイプと、オープン型のコワーキング・スペースで構成し、デスクワークはもちろん、ワークショップや店舗として利用できます。
タウンキッチンは、キャビンの企画・運営を担います。



所在地:神奈川県川崎市麻生区南黒川4丁目1番ほか
開業:2019年5月(予定)

事業主:小田急電鉄株式会社
施設全体運営:小田急不動産株式会社
企画・設計監理:株式会社ブルースタジオ
キャビン企画・運営:株式会社タウンキッチン

ティザーサイト 

プレスリリース(2019.1.25 小田急電鉄株式会社・小田急不動産株式会社)
「2019年春、郊外の新しいライフスタイルを提案する2拠点をオープン」

食とものづくりの新施設「MA-TO」3月開設


株式会社タウンキッチンは、株式会社JR中央ラインモールとの協働により、武蔵境駅〜東小金井駅間の高架下に、食とものづくりのシェア施設 MA-TO(マート)を開設します。

MA-TOは、食とものづくりの分野に特化した施設で、既に高架下で展開している創業支援施設KO-TO(コート)、PO-TO(ポート)に隣接して開設します。3Dプリンターやレーザー加工機などを備えた工房、菓子や飲食物の製造・販売ができるキッチン、店舗等として利用できる個室からなり、商品の製造から販売までを一貫して行うことが可能です。

本施設の開設によりKO-TO、PO-TOと合わせて、100 以上の起業家が集積する創業支援施設群が高架下に形成される予定です。施設間を越えた連携を促進させることで、多摩地域での新たな産業の創出を目指してまいります。

 画像提供:仲建築設計スタジオ

▼施設ロゴ
KO-TO 、PO-TO に続く施設であり、市場 (mart) から着想を得て、MA-TO(マート)と名付けました。

▼施設概要
所在:小金井市梶野町1丁目付近 JR中央線武蔵境駅〜東小金井駅間 高架下
敷地面積:約671㎡ ・ 延床面積:約172㎡ 
規模・構造:鉄骨造・平屋3棟
構成:個室、キッチン、工房など (想定利用者数:40~50名)

※本施設は、東京都による「多摩ものづくり型創業支援施設整備補助事業」の一環で開設します。


>プレスリリースのPDFダウンロードはこちら

▼既存施設についての詳細は、以下をご覧ください
>KO-TO
>PO-TO

ビジネス応援誌「経営情報」に掲載されました

日本生命が顧客向けに発刊するビジネス誌「経営情報」にて、弊社の取り組みが紹介されました。
「地域と生きる社会と歩む」というコーナーにて、地域・社会貢献活動を展開している企業として
弊社代表の北池のコメントと共に掲載されています。

『経営情報』2019年1月号 
14頁「地域と生きる社会と歩む」株式会社タウンキッチン