新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、事務局スタッフ在宅勤務実施のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う東京都の要請を受け、3月31日(火)から4月12日(日)まで、事務局スタッフは在宅勤務などの対応を取らせていただきます。期間中のお問い合わせは、メール(info@town-kitchen.com)にてお願いいたします。
なお、期間中も弊社が運営する全ての施設はオープンしております。施設利用者の営業状況等につきましては、各ホームページ等をご確認ください。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

まちのインキュベーション#2「これからの、家と庭」公開講座&ゼミ 参加者募集開始!


「住む」を越えて、家の可能性が広がりつつあります。
例えば、小商いの場として、仕事と家庭が混じり合う暮らしをつくる。コミュニティの拠点として、人口が減りゆくまちの防災や福祉を支える。建ぺい率の低い郊外には、庭というフィールドもあります。プライベートである家や庭を、パブリックにどう活かしていけるか。
空き家問題や緑地のあり方が問われる中、旧来の常識にとらわれない、新しい構想を考える時期が来ています。
まちのインキュベーション#2では、これからの家と庭が地域に活きる姿を描き、実現に向かって歩み始めるメンバーを募集します。これからのまちを考える事業を、一緒につくりましょう。

■公開講座
3人の実践者をお招きし、どのような課題意識を持って活動に取り組んでいるのか、今、気になっていること、着目していることは何なのかをお聞きし、これからの郊外の暮らしに活きるヒントを得ます。

日時:4月18日(土)19:00~21:30
場所:武蔵野プレイス 4F フォーラム
定員:50名(先着順)
参加費:1,000円

詳細・お申込み
https://here-kougai.com/program/program-149/


■ゼミ
自分ごと・自分たちごとで暮らしを豊かにする事業の創出を目指すゼミ。小さな経済圏を育てていくための最初の一歩を踏み出す実践プログラムです。チームを作り、まちのリソースを活かしながら、事業の設計からトライアルまでを行います。

期間:5月16日(土)~9月19日(土)
場所:KO-TO(東小金井事業創造センター)
定員:20名
参加費:無料  ※懇親会や実践における実費分をご負担いただきます

詳細・お申込み
https://here-kougai.com/program/program-161/

行政・企業・団体様向けの視察プログラムについて

JR中央線東小金井駅〜武蔵境駅の高架下に、KO-TO、PO-TO、MA-TOという3つのシェア施設を設置し、100社以上の起業家が集まる創業施設群として注目を集める地域となりつつあります。おかげさまで、視察に関するお問い合わせを多くいただいており、行政・企業・団体様向けの視察プログラムをご用意いたしました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※ 施設利用を検討される創業者向けの内覧は、随時お申込みを承っております。
 
1.視察プログラム(90分)
①    施設見学
内容)   MA-TO、PO-TO、KO-TOのご見学
時間)   約30分
②    レクチャー・質疑応答
内容)   設置目的・経緯、行政との連携、募集方法、創業支援、利用者属性
時間)   約60分

2.日程
4月15日(水)14:00-15:30    申込締切 4月13日(月)17:00
5月13日(水)14:00-15:30    申込締切 5月11日(月)17:00
6月18日(木)14:00-15:30    申込締切 6月16日(火)17:00

3.料金
お一人 3,500円[税抜]

4.定員
12名(最小催行人数2名)

5.対象
シェアオフィス、シェアキッチンに関心のある行政・企業・大学・団体・個人等

6.お申込み方法(事前申込制)
メール又はホームページの問い合わせフォームより事前にお申込ください。
メール              info@town-kitchen.com
ホームページ        http://town-kitchen.com/contact/
※本文中に、会社、部署、役職、氏名をご記入ください。


7.備考
・    催行人数に満たない場合は、別日程をご相談する場合がございます
・    日程によって、案内人が変更となる場合がございます
・    お支払は事前振込か、当日現金にてお願いします
・    開催前日・当日のキャンセルはご遠慮ください
・    個別のご対応もご相談いただけます。
・    視察当日に施設利用者がいる場合は、外からのご案内となります  
・    シェアキッチン、シェアオフィスの企画コンサルティングや、運営委託については別途ご相談ください

HERE キックオフ・フォーラム 参加者募集開始


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本イベントは延期とさせていただくこととなりました。なお、延期後の日程が決定した際には改めてお知らせ致します。

従来はベッドタウンとして形成された郊外。時代の変化と共に、新しい郊外のまちづくりがはじまります。 JR中央ラインモール、多摩信用金庫、タウンキッチンの3者が連携体を組み、まちのインキュベーションを育むプロジェクト。この場所に住み、遊び、学び、そして働く。そんな、ちょうどいい郊外を目指した「HERE」のフォーラムを開催します。

日 時:3月25日(水)14:00~16:30
場 所:cocobunjiプラザ リオンホール Bホール
住 所:東京都国分寺市本町3-1-1 cocobunji WEST 5階
定 員:80名
参加費:無料
対 象:企業の経営層、CSR・CSV担当、新規事業開発、人材教育担当
    行政の産業振興担当、企画政策担当
    中間支援、NPO、創業支援団体、コミュニティビジネス支援団体
    郊外のまちづくりに関心のある主婦、学生
    創業者・創業予定者、創業者との協働に興味がある人
申 込:WEBより事前申込制
    http://here-kougai.com

プログラム
1. はじめに
2. HEREについて
3. 連携事業者紹介
 JR中央ラインモール 代表取締役 石井圭
 多摩信用金庫 価値創造事業部部長 川口幸子
4. キーノートスピーチ「SDGs時代の企業と地域の共創による事業開発の進め方」
 エンパブリック 代表取締役 広石拓司
5. 報告会「まちのインキュベーションゼミ『食べるとまちのいい関係』」
 東京学芸大こども未来研究所 熊井晃史
6. パネルトーク「地域における創業支援のこれから」
 エンパブリック 代表取締役 広石拓司
 東京学芸大こども未来研究所 熊井晃史
 タウンキッチン 代表取締役 北池智一郎

[プロフィール]
広石 拓司
エンパブリック 代表取締役
1968年大阪市生まれ。東京大学大学院薬学系修士課程終了後、三和総合研究所入所。2001年よりNPO法人ETIC.に参画し、社会起業家の育成に取り組む。2008年、株式会社エンパブリックを設立。正解のない時代に、知恵と力を持ち寄り新しい事業を生み出す場づくりの普及に取り組む。著書「共に考える講座のつくり方」、書籍「好きなまちで仕事を創る」編集長、日経Bizアカデミー「ソーシャルビジネスが拓く新しい市場と働き方」など多数。

熊井晃史
NPO法人東京学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー
NPO法人CANVASプロデューサーと同時に、慶応義塾大学メディアデザイン研究科研究員、青山大学ワークショップデザイナー育成講座講師を兼務。2017年6月より独立。NPO法人東京学芸大こども未来研究所の教育支援フェロー。とをがギャラリー共同主宰。子ども・街・遊びなどをキーワードに様々なプロジェクトの企画立案・運営を務める。


主催:郊外まちづくりインキュベーション
(構成団体)タウンキッチン、JR中央ラインモール、多摩信用金庫
※インキュベーションHUB推進プロジェクト(東京都)

フードビジネスのはじめかた講座 ーお金の計画ー 参加者募集中

【満員御礼のお知らせ】(2020.3.9追記)
フードビジネスのはじめ方講座は、満員御礼をいただいており、お申込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申し込みを誠にありがとうございました。

 

カフェ、パン屋、お菓子屋さんなどをつくる、フードビジネスのはじめかた講座。昨年開催した際は短い期間で定員いっぱいになり、皆さんの関心度の高さを感じた人気講座です。最近では、UberEatsなど宅配を専門としたシェアキッチンやゴーストレストランなども出てきており、以前に比べて比較的カジュアルに創業することが可能となってきているフードビジネスですが、やはり大きな悩みである「お金」。今回はお金の計画に特化したプログラムをご用意しました。

フードビジネスをはじめるためには、保健所の営業許可が必要であり、そのための設備投資に多くの支出が必要となります。どのくらいの規模の物件で、どの程度の工事をすれば営業許可が取れるのか。そのために元手がどのくらいいるのか。そして、始めてからが本当の勝負。日々の営業でいくらの売上が必要なのか、お店のキャパは適切か、立地は適切か、自分が本当にやりたいことなのか、など、お金のリアリティを持つことが、夢の実現に向けた近道でもあります。

現在、東京都の創業支援として最大300万円の助成が得られる事業の募集もはじまり、また1%程度の利息で無担保無保証の融資メニューも用意されるなど、一昔前に比べると、創業者にとって資金調達が容易になりつつあります。

本プログラムは、少人数の定員にすることで、参加者一人ひとりのケースに合わせた具体的な計画づくりをサポートします。食分野での創業支援を数多く行ってきた講師が、具体的な物件選びや物件に応じた収支計画の立て方、補助金申請のためのレクチャーなどを行います。漠然とした悩みをお持ちの方から、具体的な計画を立てたい方まで、皆さまのご参加をお待ちしています。


▼こんな人に参加してほしい
・飲食店を開業するにあたってお金の計画を立てたい
・開業するための資金調達について制度や補助金の内容を知りたい
・漠然とした事業アイデアを前に進めるための一歩を踏み出したい


日 時:3月11日(水)19:00-22:00
定 員:6名(事前申込制・申込先着順)
参加費:3,000円
会 場:MA-TO CLASS(JR中央線東小金井駅から高架下を徒歩6分)
持ち物: PCまたは筆記用具/電卓/事業計画書または事業アイデアがわかるものなど
申込方法:以下のフォームよりエントリー
https://forms.gle/mSxqnLtqLZxULo6TA


講師:
北池智一郎
株式会社タウンキッチン 代表取締役

1976年大阪生まれ。大阪大学工学部を卒業後、外資系コンサルティングファームを経て、人材系ベンチャーにおいて、ファストフードやコンビニをはじめ、多くの外食・小売業に対する教育研修・コンサルティングを実施。2008年に独立し、2010年7月に株式会社タウンキッチンを設立。多摩地域を中心に9の創業支援施設を運営するなど、まちに暮らす人達が集い、関わりが持てる場づくりを行っている。

123...6NEXT